スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会人として

社会人として3年目を迎える卒業生に会った。
昨年10/1の大学でのコンサートに来てくれたのに
お礼もなしで、、、
やっと実現して楽しい嬉しいひとときであった。

Y子さんが大学2年の時から卒業までのちょっとした
出来事が懐かしい。
音大を反対した親に理解してもらうべく、
成績を維持しての給費、バイト、そして教職過程も
選択して、音楽作りは睡眠時間を割いて充てていた。
”どうしてこんなにつらいのだろう”と嘆いた時も、、、。

大手旅行会社に難関な試験を何度もくぐり抜け、
見事内定を勝ち取った。
今回はその後の話を知り、さらに驚く事となった。

昨夜はライブ。な、な、なんとライブ。
そして曲作りも続行中。
彼女の部屋は、音作りに必要な機材が設置され
まるで作曲家の部屋だそうな。
帰りの電車では、作りたての新曲1コーラスを
聞く!!
発声をしっかりやりたいなどなど。
飽くなき音楽への追求を感じる。
仕事との狭間でバランス取るのもひと苦労だと
思うのに。
仕事も音楽も成長してゆく。

今回はもう1人、現役3年生のR恵さんも加わった。
私はR恵さんも本腰を入れて、将来を考えてもらい
たいと願っている。

社会人とは、、、自分で食べていけるのが目標。
音楽はずーっと寄り添ってくれるから、
心配せずに、思いっきり集中して就職活動するよう
希望する。

Y子さんの存在は、その指針となる。
至福の時を過ごさせていただいた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

rie

Author:rie
三橋りえ

千葉県船橋市出身。トランぺッターだった兄の影響で小さい頃よりジャズ、特にジャズ・ボーカルに興味を持つ。千代田区立九段中学校卒業。都立三田高等学校卒業。日本大学文理学部英文学科入学と同時にマーサ・三宅氏に師事。その後、藤田正明(gt)カルテットと共に、当時ジャズ・ボーカルの登竜門とされていた高輪プリンスホテル“ナイトスポット”の専属ボーカリストとなる。フリーとなり、原信夫とシャープス・アンド・フラッツ、豊岡豊とスイング・フェイス、高橋達也と東京ユニオン、北村英治カルテット等と共演する。この間にNHK・FMのジャズ番組「セッション」やNHK教育テレビに出演。現在はライブ活動だけでなく、後進の指導にも力をいれている。自己のボーカル・ハウスの他に、昭和音楽大学の講師を努める。2001年「Two For The Road」、2009年「A Time For Love」をリリース。
再び、日本各地でのライブ活動を始動。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。