スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通夜の前後

突然の兄から電話。
ちょうど帰宅する30分前。
”病院から亡くなったとの知らせ、、、”と兄から留守電。
帰宅すると家人は仕事でお世話になった方の通夜へ。
これにも驚く。さらに斎場が実家に近くにてもっと驚く。

明日の仕事に必要な品を用意して終電近くの電車に。
長男には携帯で知らせていたので、折り返し一緒にと
してたが、家を出る際にガスを消し忘れたかも、、と
不安になり長男に家に帰ってもらい確認を頼む。
(混乱しはじめている。)

自宅最寄りの駅から15分程の乗り換え駅にて、
偶然にも家人を見付ける。
他の乗客もいるのに、大きな声で母の亡くなった事と
母のいた病院へ向かう事を伝える。
(かなり混乱している。)

通常なら大声で話すときつく注意する家人が
素直に話を聞いてくれる。
そして互いに別々の方向へ。
数十年ぶりに手を振った。

涙がこぼれた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

rie

Author:rie
三橋りえ

千葉県船橋市出身。トランぺッターだった兄の影響で小さい頃よりジャズ、特にジャズ・ボーカルに興味を持つ。千代田区立九段中学校卒業。都立三田高等学校卒業。日本大学文理学部英文学科入学と同時にマーサ・三宅氏に師事。その後、藤田正明(gt)カルテットと共に、当時ジャズ・ボーカルの登竜門とされていた高輪プリンスホテル“ナイトスポット”の専属ボーカリストとなる。フリーとなり、原信夫とシャープス・アンド・フラッツ、豊岡豊とスイング・フェイス、高橋達也と東京ユニオン、北村英治カルテット等と共演する。この間にNHK・FMのジャズ番組「セッション」やNHK教育テレビに出演。現在はライブ活動だけでなく、後進の指導にも力をいれている。自己のボーカル・ハウスの他に、昭和音楽大学の講師を努める。2001年「Two For The Road」、2009年「A Time For Love」をリリース。
再び、日本各地でのライブ活動を始動。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。