スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もスタート

本日より、昭和音大の入試がスタート。とは言っても夏の講習と実力試験の事。
ボーカルは10名模擬試験を受けてくれた。
高校3年、あるいはそれ以上の夢いっぱいの若者。
それぞれの生い立ち、環境、いろいろな状況の中で、
 
”音大でボーカリスト目指して勉強しよう!”

そう決心したひたむきな気持ちは、程度の差はあれど全員から感じる。
されど音大。入るためには必要なスキルがかかせない。
興味ある方は、是非募集要項を取り寄せて丁寧に読んで欲しい。

親としても、子供の決心をただ理解するだけでなく、それなりの投資と準備で
音楽的学習を最低でも、一定期間はさせなくてはならない。

私の頃は、大学入学後に自分で必死に勉強していた。
音大入学は、学費が高いので問題外。兄妹もいたし、、、、。

ーーー受験をする学生の皆さんへーーー
恵まれた親の愛情に甘えず、しっかりと自覚をもって練習を重ねて
未来のアーティスト目指して受験してください。
昭和音大ポピュラー科は、ガッツある学生を待っています!

破天荒な魅力あるボーカリストは何処に、、、、。

私も夢を追っています。そんなキミに出会う夢を。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

rie

Author:rie
三橋りえ

千葉県船橋市出身。トランぺッターだった兄の影響で小さい頃よりジャズ、特にジャズ・ボーカルに興味を持つ。千代田区立九段中学校卒業。都立三田高等学校卒業。日本大学文理学部英文学科入学と同時にマーサ・三宅氏に師事。その後、藤田正明(gt)カルテットと共に、当時ジャズ・ボーカルの登竜門とされていた高輪プリンスホテル“ナイトスポット”の専属ボーカリストとなる。フリーとなり、原信夫とシャープス・アンド・フラッツ、豊岡豊とスイング・フェイス、高橋達也と東京ユニオン、北村英治カルテット等と共演する。この間にNHK・FMのジャズ番組「セッション」やNHK教育テレビに出演。現在はライブ活動だけでなく、後進の指導にも力をいれている。自己のボーカル・ハウスの他に、昭和音楽大学の講師を努める。2001年「Two For The Road」、2009年「A Time For Love」をリリース。
再び、日本各地でのライブ活動を始動。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。