スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋達也さんを語る会

 5月2日、大田区民プラザにて”高橋達也さんを語る会”が行われた。
日本のジャズの歴史に大いに貢献し、死の直前まで音楽のために尽く
された偉大な方、テナーサックス奏者である。

「高橋達也と東京ユニオン」若い世代には、ご存知ない方もいるのだ
ろうが、ビッグバンドとしての活躍には目を見張るものがある。

音楽番組の花盛りのころは、1日に3本以上の仕事をこなし、バンド
リーダーとして厳しい精密な仕事を、メンバーに目を光らせて従わせ
ていたそうだ。気に入らない音を出すメンバーを睨むその迫力に、思
わずうつむいてしまう様子を、元メンバーの方が懐かしそうに語って
いた。
海外遠征をする程に、売れて売れて人気はながーくトップを飾ってい
た。
石原祐次郎率いる軍団のドラマ、「西部警察」をご存知だろうか?

派手なカーアクションとキザ演技ありのTVドラマ。
この音楽も「高橋達也と東京ユニオン」が演奏。高橋さんに頼まれて
家人がアレンジしていたのを思い出す。徹夜してたなーぁ!

続きは明日→

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

rie

Author:rie
三橋りえ

千葉県船橋市出身。トランぺッターだった兄の影響で小さい頃よりジャズ、特にジャズ・ボーカルに興味を持つ。千代田区立九段中学校卒業。都立三田高等学校卒業。日本大学文理学部英文学科入学と同時にマーサ・三宅氏に師事。その後、藤田正明(gt)カルテットと共に、当時ジャズ・ボーカルの登竜門とされていた高輪プリンスホテル“ナイトスポット”の専属ボーカリストとなる。フリーとなり、原信夫とシャープス・アンド・フラッツ、豊岡豊とスイング・フェイス、高橋達也と東京ユニオン、北村英治カルテット等と共演する。この間にNHK・FMのジャズ番組「セッション」やNHK教育テレビに出演。現在はライブ活動だけでなく、後進の指導にも力をいれている。自己のボーカル・ハウスの他に、昭和音楽大学の講師を努める。2001年「Two For The Road」、2009年「A Time For Love」をリリース。
再び、日本各地でのライブ活動を始動。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。