スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Born To Be Blue

Born To Be Blue

年のせいにはしたくないが、優等生が書いた文章は全く面白くない。
暮らし方のHow Toもので、最近人気の50代の作家の新書本である。
言葉の端々に賢い奥方のエピソードが盛り込んであるのが、さらに
鼻につく。
どうせ私は、、、とのひがみかもしれない。

50歳になっても、まだまだ成長し得ていない自分を感じる。
それなのに、人に指南するのですか?とバカバカしくなる。
後半の人生を、どのようなペースで人気作家は進むのか?
余計なお世話だが、心配しながら応援しよう。

なんであっても、本を買ってしまった私がいけない。
買わせた人気作家の勝ち!
さすが、本物の人気作家。参りました!!

そんなこんなで、目がさえる。
勝間和代も呆れてるに違いない。無駄な時間を浪費するなと。
もう少しで明け方の5時、、、。
1日の観念も、そして常識も崩れてきたようだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

rie

Author:rie
三橋りえ

千葉県船橋市出身。トランぺッターだった兄の影響で小さい頃よりジャズ、特にジャズ・ボーカルに興味を持つ。千代田区立九段中学校卒業。都立三田高等学校卒業。日本大学文理学部英文学科入学と同時にマーサ・三宅氏に師事。その後、藤田正明(gt)カルテットと共に、当時ジャズ・ボーカルの登竜門とされていた高輪プリンスホテル“ナイトスポット”の専属ボーカリストとなる。フリーとなり、原信夫とシャープス・アンド・フラッツ、豊岡豊とスイング・フェイス、高橋達也と東京ユニオン、北村英治カルテット等と共演する。この間にNHK・FMのジャズ番組「セッション」やNHK教育テレビに出演。現在はライブ活動だけでなく、後進の指導にも力をいれている。自己のボーカル・ハウスの他に、昭和音楽大学の講師を努める。2001年「Two For The Road」、2009年「A Time For Love」をリリース。
再び、日本各地でのライブ活動を始動。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。