スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚愕な事実

それってありですか!!!

大学在学中よりライブで唄い始めて、その後ずーっと続けてきたこの道。
初めは、自分のキーに合った譜面に移調するのがまずは肝心であった。

現在、個人レッスンをする場合は、生徒の各自に合ったキーに移調して
ピアノで弾く事が肝心である。

大学でキーチェンジ出来るキーボードあると、自分の頭で操作して移調する
頭脳回路を使用しないので楽だが、時々、実音を見失う感覚に恐ろしさを
感じる。

先日、久しぶりに会った守屋純子氏より
彼女お気に入りの ipadで iReal Bookを開き、その内容を教えてもらう。

驚愕!!

なんて事! 遂にここまで進化してしまった!

ーー900曲のコード進行をいつでも閲覧できるジャズマン必携のアプリーー

さらに練習には充分の演奏あり。必要に応じてのマイナスワンとなる。
そして、便利なのは移調機能。
テンポやリズムスタイルもお気に召すまま。
勿論、譜面めくりは指でさーっとワンタッチでオッケー!

この他にも驚きの機能満載。

我が子が英語の辞書(紙の本)を、電子辞書に変えてた事考えれば
当たり前の進化のはず。

便利だが、ある部分を退化させる危険も感じる。

でも欲しいなー!

ipadと iReal Book
スポンサーサイト

プロフィール

rie

Author:rie
三橋りえ

千葉県船橋市出身。トランぺッターだった兄の影響で小さい頃よりジャズ、特にジャズ・ボーカルに興味を持つ。千代田区立九段中学校卒業。都立三田高等学校卒業。日本大学文理学部英文学科入学と同時にマーサ・三宅氏に師事。その後、藤田正明(gt)カルテットと共に、当時ジャズ・ボーカルの登竜門とされていた高輪プリンスホテル“ナイトスポット”の専属ボーカリストとなる。フリーとなり、原信夫とシャープス・アンド・フラッツ、豊岡豊とスイング・フェイス、高橋達也と東京ユニオン、北村英治カルテット等と共演する。この間にNHK・FMのジャズ番組「セッション」やNHK教育テレビに出演。現在はライブ活動だけでなく、後進の指導にも力をいれている。自己のボーカル・ハウスの他に、昭和音楽大学の講師を努める。2001年「Two For The Road」、2009年「A Time For Love」をリリース。
再び、日本各地でのライブ活動を始動。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。